原因であるHPV(ヒトパピローマウィルス)は性交渉の経験がある女性の80%以上が50歳までに1回は感染すると言われてます

世界では約2分に1人が子宮頸がんで死亡しています

現在、驚くことになんと約3人に1人がなんらかの癌が原因となり死亡しています。 その中でも現在の所女性に1番多く見られるのが乳がんです。 特に近年は20代~30代にかけては実は発症率が2~4倍ほど急増しています。 対策として早期検診と早期治療が挙げられますが、ピンクリボンなどの検診のキャンペーンが世界的に盛んに行われている(アメリカのMLBメジャーリーグなどではピンクのバットを持って打席に入る日もあります)のに対して子宮頸がんはほとんどの女性が検診を受けたことがないのが現状です。 最近ではHPV(ヒトパピローマウィルス)予防ワクチンの接種や松形弘樹の娘である仁科仁美さんが出演する一時有名になったACのCMでも話題になりました。 結果的には現在の所、WHOで認められた細胞診とHPV検査の定期的な健診を受ける女性は一気に増えるとは現時点では簡単には言えません。

治療や予防、対策としては早期発見、早期治療が大切になります

子宮頸がんの定期的な検査が必要な理由は、初期の状態では症状がわかりずらく進行が進んでしまった後に気がつくことが多いのです。 出血やおりものの色や匂いの変化や性交中に血が出るなどによって発覚する原因が多いのですが、それでもはっきりとした症状がすぐに出ないので発見するのが遅くなってしまうのかなり進行してしまってからになる方も少なくありません。 あまりに遅すぎてしまうと卵巣などを摘出しなくてはいけない場合もあり、女性にとっては妊娠や出産をできる確率が低くなってしまったり、失ってしまう可能性も増えてしまうので早い段階で子宮頸がんの検査が必要です。 それも1度受けたから大丈夫で安心と絶対と言い切れるという事ではありません。 現時点で成人でなくても過去に性交渉を経験した女性は誰にでもいつでもHPVの感染をしている可能性が少なからずありますので予め確認し未然に注意しなくてはいけません。

子宮頸がんと乳がん検診の無料クーポンについて

住まいの地方自治体によって内容が多少違います

この制度は国が治療の検診の受診率が5割を超える事を目標として、各地方自治体が実施しているものです。 特に子宮頸がんは早い段階での検診により発見し、治療を行う事で助かる可能性が大幅にアップさせることができるのです。 自分では健康という意識があっても実際に受診して検査を行わないと、なかなか解り易い症状が出てこないのわからない事が多く、気がつくと手遅れな所まで進行してしまうパターンも少なくありません。 特にはじめに体に異常が出にくく気が付きにくいこの二つは、女性は必ず子宮頸がんの検診を受けましょう。 住んでいるコミュニティの地域によって、制度が違うので各地方自治体のホームページにて確認する必要があります。 内臓も胃や肺、大腸や前立腺の検診を行っているところもありますので積極的にポジティブな思考で積極的に探してみましょう。



自分で子宮頸がんの検診キットを使用して匿名で調べる事もできます

検診の結果は、検体到着後4日~7日で郵送やメール、モバイルで自分で確認することができるので忙しい方にも無理がないのでおススメです

検診に行きたいが仕事や子育てが忙しくて行けない人や、家族や恋人、友人などに病院に行っている事を知られたくない人、お医者さんで同性でも大切な所を見られるのは恥ずかしいという方には自分で自宅でできる検査キットがおススメです。 最近の子宮頸がんの検査キットは、精巧に作られていて医師が行う直接摂取と変わらないやり方で検査を行う事が出来ます。 また、結果も4日から7日程度でわかります。 現段階では結果の通知方法も郵送はもちろんメールやモバイルでも情報を簡単に知ることができます。
生活保護

このページの先頭へ